男性

iphone水没の対策法

女性

iphone水没したら、中にはすぐに電源の入り切りをしてその無事を確かめるという人もいるでしょう。ですが、水没してしまった場合、この行動は逆効果となる可能性があるので注意が必要です。というのも、iphoneは元々が防水製品というわけではないため、その基盤内は水分に非常にデリケートな状態です。ちょっとの不純物でも機器系統が支障を来して、電源が入らない、操作できないといったトラブルに繋がりやすいのです。水没直後、変に電源を操作することによってそのトラブルが誘発され、結果症状をさらに悪化させていくことも考えられます。 iphone水没したらまず、電源を切ってそのまま放置するのがベストな方法です。まずは機体内に入り込んだ水分を自然乾燥させること、これによって状態の悪化を防いでいくのです。

ある程度水分が乾燥した段階で、一度電源を入り切りしてみましょう。この時点で未だ電源が生きているようであれば早めにデータのバックアップを取っておくのがオススメです。時間が経過するとどうしても不具合が出てくると考えられるので、電源が入った段階での行動がポイントです。 その後は出来るだけ早く修理に出すこと、これが大切です。iphone水没したら、その後見た目には何の影響がないようでも時間の経過とともに症状が現れてくることがあります。画面の映りがいつもと違う、操作がうまくいかない、何かしらの異変を感じた段階で早々に修理に出してしまうのです。 保証サービスの期間内であれば比較的スムーズに修理を受けることが出来ますし、費用面での負担も最小限に抑えることが出来ます。iphone水没したら、ここでの情報を参考に迅速な行動を心がけていきましょう。